技術が必要な治療

根管治療について正しく知っておこう

虫歯菌が歯の奥まで達してしまい歯が破壊されてしまっても、きちんと治療をすれば抜く必要がなくその歯でまた噛んで食べることができるようになります。 その治療法とは、根管治療となります。 虫歯の治療をしている時は、治療が終わるまでどのように行っているかわからないものです。 ドリルで穴を開けた後に、細長い針金のようなもので歯の奥まで入れているのを感じたことがあるのではないでしょうか。歯の穴の中をぐりぐりと削られているような感じが、その根管治療をしている時なのです。 歯科医でこの根管治療をしてもらうことで、歯は抜く必要がなくしっかり噛んで食べることができるようになるのです。

抜かないための治療法について

歯の根管は、とても細くわん曲しているのです。また、その深さは人によって違ってくるのです。 まず、虫歯を除き、根管治療をするために歯に穴をあけます。X線写真を取り歯の状態を調べ、根管の長さも調べます。正確な長さを測ることは根管治療にとってとても大切となります。 根管の中を器具を用いてきれいにします。完全に細菌を取りきれいにしないとまた虫歯となってしまうので慎重に行わなくてはいけないのです。 完全にきれいになった根管の中に薬剤をいれます。この時に、空気が入ってしまうとそこからまた汚染されることになってしまいます。 薬剤を充填した後にX線写真を取り、薬が完璧に入っているか確認します。 この一連の治療が根管治療となります。この治療で神経を取ってしまった歯であってもずっと自分の歯として使っていくことができるのです。